日常

日常

当ジムでは企業の福利厚生としての格闘技ジムの利用を促進しています。
想像してみてください。もし貴方の会社の全ての従業員が柔術をしていたとしたら。

従業員全員が柔術を実践している場合、その企業は独自かつ魅力的なアピールポイントを有しています。以下に、その状況がもたらす様々な利点を詳しく述べてみましょう。

  1. 強固なチームスピリットと結束力: 全ての従業員が柔術をすることで、従業員間に強固な結束力が生まれます。トレーニングやスパーリングを通じて経験を共有し、お互いをサポートする姿勢が、協力的で一体感のあるチームスピリットを育みます。
  2. 健康促進と生産性の向上: 大規模な従業員が柔術を実践することで、健康状態が全体的に向上し、生産性も増大する可能性があります。健康な従業員は仕事においてもエネルギッシュで、長期的な視点での健康促進が期待できます。
  3. 企業文化の強化: 柔術を共有することで、企業は独自の文化を構築し、従業員に共感を呼び起こします。共通の価値観や活動を通じて、企業文化が形成され、従業員のモチベーションや忠誠心が向上します。
  4. リーダーシップと協力の醸成: トレーニングやスパーリングを通じて、リーダーシップスキルや協力力が醸成されます。これは組織内でのリーダーシップの強化やプロジェクト協力においてプラスの影響をもたらします。
  5. 企業のイベントやプロモーションの一環: 全従業員が柔術を共有することは、企業のイベントやプロモーションのユニークな要素となります。これはメディアや業界内での注目を集め、企業のブランディングに貢献します。
  6. 社外とのコミュニケーション強化: 柔術を通じた共通の興味が、社外とのコミュニケーションを強化します。顧客やビジネスパートナーとのイベントや交流の場で、共通の趣味が関係構築に寄与します。
  7. 新たな目標設定と成長の機会: 週に1度の柔術の練習は、従業員に新たな目標を設定し、成長の機会を提供します。技術の向上や新しい課題への挑戦が、個々の成長とモチベーション向上に寄与します。
  8. リラックスした雰囲気の構築: 柔術の練習は、通常の仕事とは異なる環境を提供します。これにより、従業員はリラックスした雰囲気で交流し、仕事におけるストレスが軽減されるでしょう。

これらの要素が組み合わさり、従業員全員が柔術を実践する企業は、ユニークで魅力的な企業文化を構築し、外部からの注目を浴びることでしょう。これは優れた従業員リクルートメントやビジネスパートナーシップの形成において、大きな利点となります。

週に1日、たった1時間、従業員全員で柔術を実践することで、様々な効果やメリットが得られるでしょう。理想は「柔術」ではありますが「キックボクシング」のトレーニングでも構いません。

マリオンアパレルジムでは企業様の福利厚生利用方法として大きく二つあります。

  1. 通常のクラス参加プラン: 8名様以上の従業員様の会費を法人で一括支払い(割引あり)
    • 他の会員様と一緒に通常のクラスに参加して頂くプランです。格闘技ジムには様々な年齢、バックグラウンドを持つ方との交流が自然にできます。
  2. 特別プラン(15時から18時の中の1時間-曜日指定): 最少人数8名、最大16名まで
    • 1社限定の特典: 平日各曜日1社限定となります。
  3. チケット制のクラス参加オプション:
    • 柔軟な選択肢: チケット制のクラス参加オプションは、週に1日では物足りない。通常のクラスにも参加したい従業員にとって柔軟な選択肢を提供します。これは大きな出費ではありません。
    • 個別のスケジュール管理: 従業員が自分のスケジュールに合わせてクラスに参加できることで、仕事やプライベートな予定との調和が可能です。

これらのプランは、従業員にとって柔軟性や選択肢を提供し、同時に健康促進やチームビルディングにも貢献します。従業員が自分に合ったスタイルでジムを利用できることで、福利厚生がより効果的なものになることでしょう。

是非一度、お時間ある際にご連絡ください。
これは本当に良いなと思うので提案しています。実はすでに1社決まっています。特別プランは各曜日1社限定となります。